Loading...

ポスドク・大学院生・研究生を募集しております!

  • 大学院生・研究生を募集しています。現在8名の大学院生/研究生が学位取得に向けて研究に励んでいます。まだ研究テーマ、リソース、研究スペースに十分な余裕がありますので、当研究室で学位取得のための研究を行うことに興味がある方はぜひお問い合わせください。
  • 丸山は東京医科歯科大学並びに名古屋市立大学の連携大学院の教員であるため、修士・博士の学生を直接研究室に受け入れることが可能です(修士の学生さん大歓迎です!)。またがん研の連携大学院制度を利用して、東北大学や横浜市立大学の大学院生としての受け入れも可能です。臨床教室の大学院生の方は、現在の所属はそのままで実験・研究のみを当研究室で実施することも可能です。柔軟に対応致しますので、お気軽にお問い合わせください。
  • ポスドクとしての採用も可能な場合があります。まずはCVをご用意のうえ、ご連絡ください。
詳細はこちら

臨床に非常に近い現場で、がんの本質を徹底的に追求する研究

隣接するがん研有明病院との強い連携体制があり、日本一豊富な臨床検体を思う存分、緻密に解析することが可能な体制が整っています。臨床検体のシングルセル解析やオルガノイド培養をルーチンで行っています。研究所には最先端の各種機器が揃っており、分子生物学、細胞生物学、生化学的実験やNGSを用いた解析、イメージング、動物実験など、やりたいことは何でもできる環境があります。研究所内での横のつながりや風通しも大変良く、基礎から臨床までの各領域のプロフェッショナルと容易にコンタクトが取れます。がん研究を完遂するための理想的な研究環境がここにあります。

  • 臨床検体を用いたゲノム・エピゲノム解析、シングルセル解析を学びたい方
  • 乳腺外科のみならず各科との連携が可能です。臨床検体のNGS・シングルセル解析だけではなく、通常の細胞生物学的解析、分子生物学的解析、生化学的解析もルーチンで行っています。

  • 実践的なデータ解析・バイオインフォマティクスを勉強したい方
  • 現在、丸山含め4名がバイオインフォマティクスに本格的に携わっていて、常にノウハウの共有とディスカッションを行い、皆が成長することを大切にしています。また国内の情報科学、数理腫瘍学、AI科学等の研究室との強い連携があり、人材交流も盛んに行っています。希望する人はいくらでも勉強できます。

  • 動物の発がんモデルを用いてがんの発がんや進展機構を研究したい方
  • 田中主任研究員を中心に、ヒト肉腫のマウス発がんモデルを用いて、様々な研究を行っています。ゲノム異常とエピゲノム変化の組み合わせががん細胞の機能に与える影響や、がん細胞と周囲のがん微小環境との相互作用の時空間におけるダイナミックな変化を、オリジナリティの高い動物モデルと各種シングルセル解析を用いて解析しています。大変面白い研究テーマが、たくさんあります。

  • がんのバイオロジーをとにかく徹底的に追求したい方
  • いろいろな意味で、真実を追求できる環境は整っています。やる気さえあれば何でも挑戦できます。

研究室選びはマッチングが重要と考えています。丸山研究室での研究を希望される方は、見学やラボメンバーとの面談の他、zoomでの複数回ディスカッションや数日から1週間程度の研究室体験などを行うことも可能です。柔軟に対応できますので、まずはお気軽にご相談ください。

研究助手・研究補助員(バイオインフォマティクス)を募集しております! (NEW!)

簡単なデータ解析をお手伝い頂ける方を募集しております。学部学生や大学院生の方で、働きながら勉強するということも可能です。ご興味のある方はぜひご連絡をお願いします。
実際の業務内容は、次のようなものを想定していますが、希望があれば新しい解析や高度な解析に挑戦して頂くことも可能です。
  • 各種データ解析パイプラインの運用(パイプラインは既に構築済みであり、それを動かしてもらうだけです)
  • 二次解析、高次解析の実施(丸山の指示のもと、簡単な解析を実施してもらいます)
  • データ整理・管理等の業務

研究助手・研究補助員(細胞生物実験・分子生物実験)を募集しております! (NEW!)

簡単な実験をお手伝い頂ける方を募集しております。腫瘍組織からの細胞分離や保存、オルガノイド培養、DNA/RNA抽出、PCR、ウェスタンブロット、NGSライブラリ作製等。時短勤務や週3日勤務など、変則的な勤務も相談可能です。希望があれば新しい実験手法に挑戦して頂くことも可能です。キャリアアップの支援も致します。ご興味のある方はぜひご連絡をお願いします。