Loading...

Team - REO MARUYAMA LAB. -

group-photo
プロジェクトリーダー
丸山 玲緒
主任研究員
田中 美和
客員研究員
中太 智義 前澤 誠希
クリニカルリサーチフェロー
尾辻 和尊 粂川 昂平
研究補助員
大塚 裕美

丸山 玲緒
Reo MARUYAMA

プロジェクトリーダー | がん研究所/がんエピゲノムプロジェクト
副プログラムディレクター | NEXT-Gankenプログラム
プロジェクトリーダー | NEXT-Gankenプログラム/がん細胞多様性解明プロジェクト
プロジェクトリーダー | NEXT-Gankenプログラム/コア解析基盤プロジェクト

分子生物学・腫瘍生物学・バイオインフォマティクス

札幌医科大学医学部卒(2002年)、同大学院医学研究科修了(2007年)。米国 Dana-Farber Cancer Institute - Kornelia Polyak研究室にて乳がんのエピジェネティクス解析に従事。2011年より札幌医科大学医学部・分子生物学講座・助教。2012年からJSTさきがけ研究者兼任。2014年より同准教授。2016年より1年間総合病院で血液内科・総合診療科医師として勤務後、2017年4月がん研究所がんエピゲノムプロジェクトのプロジェクトリーダーに着任。
(researchmap) (就任時挨拶)

田中 美和
Miwa TANAKA

主任研究員 | がんエピゲノムプロジェクト

腫瘍生物学・分子生物学

小児やAYA世代にみられる骨軟部肉腫の発症メカニズムについて研究をしています。骨軟部肉腫の原因遺伝子である各種の融合遺伝子を用いて動物モデルを作製し、肉腫の発生母地となる正常細胞から発がんに至る過程を解析しています。骨軟部肉腫の融合遺伝子の多くは転写因子型ドライバーがん遺伝子で、この融合遺伝子が肉腫の個性を決めるエンハンサーやスーパーエンハンサーに結合し、ダイナミックにエピゲノムを転換することがわかってきました。現在は、融合遺伝子とスーパーエンハンサーとの相互作用が、どのようにして肉腫の個性(分化のプログラムや間質の特徴)を規定しているのかについて調べています。骨軟部肉腫は希少がんであり、小児や若年層に発生するケースが多く、治療薬が未開発です。国内・国外共に骨軟部肉腫の研究者は少なく、私たちがやるべきことは盛りだくさんです。一緒に骨軟部肉腫の研究を盛り上げてくれる研究者・大学院生を募集しています。
(researchmap)

宮田 憲一
Kenich MIYATA

特任研究員 | がん研究所/がんエピゲノムプロジェクト
客員研究員 | NEXT-Gankenプログラム/がん細胞社会成因解明プロジェクト

腫瘍生物学・バイオインフォマティクス

公益財団法人がん研究会がん化学療法センター基礎研究部にて、血小板による腫瘍進展機構の一端を解明し、博士課程を修了(2017年3月)。2016年4月より日本学術振興会特別研究員(DC2)。2017年4月より、同研究会がん研究所細胞老化プロジェクトにて、客員研究員(日本学術振興会特別研究員PD)として、老化細胞のエピジェネティクス解析に従事。2022年4月より現職。多種多様な細胞集団から成るがん微小環境が形成される機序に興味があります。WET実験とDRY解析の両方に存分に集中でき、多彩なバックグラウンドを持つラボメンバーと熱いディスカッションができる丸山ラボに魅力を感じてます!プライベートでは、山が好き、酒が好き。

楊 麗英
Liying YANG

特任研究助手 | がんエピゲノムプロジェクト

分子生物学(各種シングルセル・NGS実験)

復旦大学看護学部卒。2006年来日、2014年京都大学大学院医学研究科修了。2017年8月より現職。新しい知識を勉強しながら、今まで身につけた技術、知識、経験を生かして研究をサポートし、努力していきたいと思っております。

高原 智子
Tomoko TAKAHARA

研究助手 | がんエピゲノムプロジェクト

細胞生物学(動物実験・分子細胞生物学実験)

準備中

中太 智義
Tomoyoshi NAKADAI

客員研究員 | がんエピゲノムプロジェクト

生化学・分子生物学

千葉大学大学院博士課程卒(2003年)。埼玉医科大学生化学教室助手(2003年-2008年)。米国ロックフェラー大学Robert G Roeder研究室ポストドクター及びリサーチアソシエイト(2008年-2018年)。継続して転写制御の分子メカニズムを生化学的及び分子生物学的手法を用いて研究。2018年2月より、がん研究所がんエピゲノムプロジェクトの研究員に赴任。転写制御の側面からがん化の分子機構を明らかにしたいと日々奮闘中。

前澤 誠希
Masaki MAEZAWA

客員研究員 | がんエピゲノムプロジェクト

産業動物臨床学・分子生物学(①シングルセルChIP-seq法の確立、②牛リンパ腫の各種エピゲノム解析)

岐阜大学大学院連合獣医学研究科博士課程卒(2020年)。東京大学大学院特別研究員(PD)(2020〜2021年)を経て、現在は同大学特任助教。2021年よりがん研究所がんエピゲノムプロジェクトに客員研究員として所属。「発がんに至るまでに何が起こっているのか」という問いに対する答えを求めて研究を行なっております。特に栄養状態とエピゲノムの関係に着目をしており、将来的には栄養学的な観点から発がん予防法を開発して、社会に研究成果を還元したいと考えております。

佐伯 澄人
Sumito SAEKI

研究生(東北大学連携大学院・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

乳腺外科(①臨床検体や患者由来オルガノイドを用いた研究、②多種臨床情報に基づく転移・再発乳がん症例の層別化、③医療経済学)

準備中

井上 双葉
Futaba INOUE

研究生(東京大学・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

産婦人科(ヒストン修飾酵素の機能解析、各種エピゲノム解析)

準備中

﨑本 優里
Yuuri SAKIMOTO

研究生(慶應義塾大学) | がんエピゲノムプロジェクト

消化器外科(直腸がんのシングルセル解析)

準備中

豊原 佑典
Yusuke TOYOHARA

研究生(東京大学・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

産婦人科(ヒストン修飾酵素阻害剤の機能解析)

2015年琉球大学卒。2020年東京大学大学院へ入学。2021年10月より研究生として当研究室に所属。 難治性の子宮平滑筋肉腫をターゲットとしてエピジェネティックなアプローチを目指し、将来的に治療につながる研究をしたいと考えております。

古川 貴光
Takaaki FURUKAWA

研究生(東北大学連携大学院・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

がん研有明病院・肝胆膵内科

準備中

土屋 あい
Ai TSUCHIYA

研究生(杏林大学・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

乳腺外科

2015年福井大学卒。初期研修後、2017年より福井大学 第一外科(消化器・乳腺外科)、2019年より杏林大学 乳腺外科へ所属。2022年より研究生として当研究室へ所属。日々、乳がんの患者さんと関わっているうちに「がんの不思議」を解明したくなりました。研究することで乳がんをより深く理解できたらと思い、丸山さんの研究理念に共鳴し、当研究室で勉強させてもらうことをお願いしました。基礎研究に携わるのは全くの初めてなので、基本的な実験手技を会得しながら、自分のテーマを決めて、自主的に研究したいと思っています。今は、乳がん患者由来オルガノイドを用いたエピゲノム解析(まだ漠然としている・・・)に興味があります。丸山研究室は私のような研究初心者も、基礎的なことから温かく丁寧に指導してもらえます。週1回開催される meetingでは他の研究員の方々の研究の話を聞いたり、議論したりしていて、とても勉強になります。

堀 千紗
Chisa HORI

研究生(横浜市立大学・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

病理医

今まで病理医として診断業務に携わってきました。組織検体から得られる情報は膨大であり、形態学の目だけではどうしても取りこぼしてしまいます。分子生物学やそれに立脚したbioinformaticsという別の視点を得ることで、新たな景色を見に行けたらと考えています。

崎山 香奈
Kana SAKIYAMA

研究生(東京大学・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

乳腺外科

準備中

谷本 早紀
Saki TANIMOTO

研究生(東京大学・大学院生) | がんエピゲノムプロジェクト

産婦人科

準備中

丸山 真悠
Mayu MARUYAMA

特任研究助手 | がんエピゲノムプロジェクト

動物実験・分子細胞生物学実験

準備中

バージマン 理美
Rimi BARGMON

特任研究助手 | がんエピゲノムプロジェクト

細胞生物学実験

準備中

大塚 裕美
Hiromi OTSUKA

特任研究補助員 | がんエピゲノムプロジェクト

各種実験の補助、ラボマネージメント

研究が少しでもスムーズに進むよう,サポートしたします!

鈴鹿 淳
Jun SUZUKA

特任研究員 | がん細胞多様性解明プロジェクト

腫瘍生物学(ハイドロゲルを用いた幹細胞性・細胞可塑性の研究)

2021年4月より特任研究員としてNEXT-Gankenプログラムに参加しました。がん細胞の脱分化を促す特殊なハイドロゲルを用いて、乳がん検体内に潜む可塑性や、脱分化に伴って生じる治療抵抗性に関わる分子機構を解明するためにコツコツ実験しています。材料工学と生物学との異分野融合を通じて、がんの性質を見極めたいです。
(researchmap)

尾辻 和尊
Kazutaka OTSUJI

クリニカルリサーチフェロー | がん細胞多様性解明プロジェクト

乳腺外科(シングルセルマルチオミックス解析手法の開発・解析)

準備中

粂川 昂平
Kohei KUMEGAWA

クリニカルリサーチフェロー | がん細胞多様性解明プロジェクト

バイオインフォマティクス

2016年札幌医科大学医学部卒。在学中,分子生物学講座(鈴木拓教授)にて大腸癌のDNAメチル化解析や非コードRNAの機能解析に取り組む(Harada et al, Cancer Prev Res, 2014; Kumegawa et al., Sci Rep, 2016)。初期研修・内科研修を経て,2020年より丸山玲緒研究室へ参加。「がんの複雑性に挑戦する」ことを命題として,臨床検体のシングルセル解析をはじめとしたデータ解析に取り組む。医師としての臨床的視点を持ったデータサイエンティストを目指して勉強中です。

馬合木特 亜森
Mahmut YASEN

特任研究員 | コア解析基盤プロジェクト

乳がん患者由来オルガノイドの解析(イメージング)

準備中

高橋 洋子
Yoko TAKAHASHI

研究生(がん研究会有明病院・乳腺外科・副医長) | コア解析基盤プロジェクト

乳腺外科(臨床検体、臨床情報の解析)

準備中